お知らせ・新着情報

コロナ禍で広がる収入源 家計の固定費削減で対策を

『こんな記事がありました❕ 』

 

コロナ禍で広がる収入減 家計の固定費削減で対応を
FPに聞いた支出抑制のポイント

コロナ禍で事業環境が大きく変わり、業績不振から従業員のボーナスや毎月の給与を減額する企業が出てきている。そうした事態に直面していなくても、在宅勤務で残業代などの手当てが減り、収入が目減りしている人も多いだろう。そこで考えたいのが、家計支出の抑制だ。支出を減らすポイントを改めてファイナンシャルプランナー(FP)に聞いた。

家計の支出で減らせると効果が大きいのが、住居費や教育費、保険料といった毎月一定の額を支払う固定費だ。企業が給与の減額に着手する場合、毎月の給与よりも先にボーナスを減らすことが多い。FPの深野康彦さんは「住宅ローンや自動車ローンでボーナスによる返済を行っている場合は、返済方法の変更を検討すべきだ」と話す。

■住宅ローンの繰り上げ返済を優先する

住宅ローンを組んで自宅を購入した人の場合、最も支出額が大きい固定費は住宅ローンの支払いだろう。FPの井戸美枝さんは「余裕資金がある人はローンを繰り上げ返済して、ローンの残高を少なくした方がいい」と指摘する。

この助言に対して、「収入が減るなら住宅ローンの返済期間を延ばして、毎月の返済額を減らしたい」と思う人もいるかもしれない。だが、そうするとローンの支払いで老後の生活費が圧迫される恐れがある。ローンの返済総額も増える。「毎月の返済額を減らすことよりも、繰り上げ返済をした方がトータルでは得になる」(井戸さん)

深野さんは「余裕資金がなくても、老後の資金づくりのために投資をしている場合は、投資の額を減らして住宅ローンを繰り上げ返済した方がいい」と語る。

さらに「賃貸住宅に住んでいる人は、家賃の支払いが厳しいようなら、家賃の低い部屋に引っ越すことを検討した方がいいだろう」と助言する。

【関連記事】
コロナが迫る家計の強化 スマホ見直し脱ボーナス依存
コロナ下の副業ブーム 相次ぐ解禁、副業人材募る

デザインハウス鹿屋鹿児島
〒893-0054 鹿児島県鹿屋市高須町1220-2

TEL:0994-47-2246 / FAX:0994-47-2247

https://www.dh-kanoya.com/

PAGE TOP ▲